ポーカーの攻略法|カードカウンティングとは?やり方を解説

ポーカーはディーラーと対戦するもの、プレイヤー同士で対戦するものがありますが、どちらも場に出たカードを記憶することで勝負を有利に進めることができます。その方法として有効なのがカードカウンティングというテクニックです。この記事ではポーカーで使えるカードカウンティングの詳細を解説していきます。

この記事を読んだら分かること
  • ポーカーのカードカウンティング(カウントアウト)とは?
  • カウントアウトのやり方
  • カウントアウトの注意事項
  • 対プレイヤーポーカーの攻略法

ポーカーのカードカウンティングとは

カードカウンティングは主にブラックジャックで活用される方法で、バカラでも応用が可能です。ポーカーのカウンティングはそれらとは違い、より簡略化された内容となっています。

その理由はポーカーが1デック52枚(ジョーカーを含むルールでは54枚)しか使用せず、毎回のゲームごとにシューをシャッフルするというルールとなっているためです。つまり、場に何が出たかを暗記する必要はなく、場に出ているカードからシューに残っているカードを逆算し、確率論でアクションを決めます。

これはカウントアウト(count out)と呼ばれる手法で、言い換えるとシューの中に勝利に繋がるカードは何枚入っているかを探る攻略法です。

カウントアウト(カウンティング)のやり方

カウントアウトは、どのルールのポーカーで実践するかによっても効果が変わりますが、ここでは一般的なテキサスホールデムポーカーをプレイすると仮定します。

ステップ1:ハンドの確認と確率の計算

まず自身のハンドを確認し、コミュニティカードが3枚くばられます。この時点で、手元に2枚のハート、ホールカードには2枚のハートと1枚のダイヤがあり、あと1枚でフラッシュが完成する状態と仮定しましょう。

そして賭けを降りずにターンまで進め、4枚目のコミュニティカード(ここではスペードとする)がオープンとなり、合計6枚のカードが把握できている状態となります。ハートはあと9枚残っていて、自身が把握できないカード(シューと他のプレイヤーの手札)は46枚です。

この場合、リバーでフラッシュが完成する確率は「9/46=0.2」、つまり20%となります。もちろん相手の手札の中にハートが入っている可能性もありますが、上記が最も高い確率となります。

ステップ2:アクションの選択

上記の確率と他のプレイヤーチェックをするか、レイズをするかといったアクションを踏まえた上で、自身のアクションを判断をします。

これは対ディーラーのポーカーやビデオポーカーのようなゲームでも同様で、確率を考慮しながらアクションを取ることで勝率を高めることが可能です。

カウントアウト(カウンティング)の注意事項

ポーカーでのカウントは必ず勝てるというわけではありません。いくつか注意をして活用しなければいけないこともあります。

相手が強い役を完成させると負けてしまう

先程の例でフラッシュが完成していたとしても、他のプレイヤーが4カードなどそれ以上の役を完成させた場合は負けてしまいます。

とはいえ、ストレートやフラッシュを完成させて負ける確率は低いです。それよりもワンペアやスリーカードを狙って勝負をする際には、役の強さで負けることも考慮しておきましょう。

プレイヤーが多いほど計算がブレる

カウントアウトは他のプレイヤーの手札という不確定な要素があるため、確率を計算したとしてもそれが正しいとは限りません。プレイヤーが増えれば増えるほど確率は下がる可能性があるので、絶対の法則とは言えません。

むしろ対ディーラーのように対戦相手が1人しか存在しないゲームか、下図のようなビデオポーカーなど不確定要素が一切ないゲームの方が適しています。

2重にカウントをしない

例えば手札にハートの4と5があり、コミュニティカードがクラブの6と7、ハートの10とKだったすると、ストレートドローとフラッシュドローが完成していることになります。この場合は3、8、いずれかのハートを引けばどちらかの役が完成します。

この時に各スーツの「3」と「8」の8枚と「4、5、10、K」以外のハート9枚、計17枚が当たりとなるカードと考えてしまいがちです。しかし、「ハートの3」と「ハートの8」は重複しているので、正確には15枚となります。

確率的には「17/46=0.3695」と「15/46=0.326」と開きがあるので注意が必要です。

対プレイヤーポーカーの攻略法

先に述べたようにカウントアウトはプレイヤーが増えるほど安定性が低くなります。ここではプレイヤーと対戦する上で有効な攻略法をいくつか紹介していきます。

ブラフ

ブラフはハッタリのことで、役が完成していない状態でもレイズをするなど強気な姿勢を見せることで、他のプレイヤーをフォールドさせるテクニックです。

ブラフはやりすぎても効果はありませんし、相手が乗ってきた場合はムダにチップを消費してしまいます。なので、フラッシュドローでも他のプレイヤーがレイズをしたら降りるなど、ハッタリを効かせる場面と潔く降りる場面のメリハリが重要です。

ポーカーフェイス

プレイヤー同士が戦う場合は心理戦が重要となります。特にフロップでコミュニティカードが配られた際に、何かしらの反応を示してしまうと他のプレイヤーに手の内を読まれてしまいます。あえて表情に出すという戦略もありますが、基本的にはポーカーフェイスで平静を装うのがベストです。

また、逆に相手の反応をしっかりと見ておくことも勝率を高める鍵となります。自分のハンドにばかり集中せずに広い視野を保ちましょう。

性格を読む

対戦相手がどのような性格の人間かはプレイスタイルから想像することができます。リアルな場ではチップの積み方がキレイに整っているか、乱雑に置かれているかなどでも判断ができますし、オンラインであればコールやレイズに対して積極的か、消極的かなどです。

対戦している中で性格がつかめてきたら、その中で相手のアクションがブラフなのか、それとも額面通りなのかが見えてきます。

まとめ

ポーカーではカウントアウトというカウンティングテクニックが活用できます。これは場に出ているカードからシューの中にあるカードが引ける確率を計算し、それに基づいてアクションを決めるという戦略です。

ただ、プレイヤーやディーラーと対戦するポーカーの場合は、相手の手札という不確定な要素が含まれるので、計算した確率が必ず正しいとは限りません。そのため、ビデオポーカーのように不確定な要素がないゲームの方がカウントアウトは向いています。

プレイヤーが多く参加するポーカーの場合は心理戦の要素が強いので、ブラフやポーカーフェイスなどをうまく活用することも大切です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る