ベラジョンカジノから出金したお金に税金はかかる?申告が必要なケースとは

インターネット上ではベラジョンカジノで獲得した勝利金に税金はかかるのか?という質問をよく見かけます。基本的に税金はかかりますが、申告が不要なケースもあるので、この記事では税金について詳しく解説していきます。

この記事を読んだら分かること
  • ベラジョンカジノから出金したお金には税金がかかるのか?
  • 課税される場合のシミュレーション
  • ベラジョンカジノから出金しない場合は申告は不要か?
  • 出金をしても税金申告をしなくていいケースはあるのか?

まずベラジョンカジノから出金したお金は一時所得という扱いとなります。ここでは一時所得がどういったものか、どういった場合に申告が必要となるのかを詳しく解説していきます。

ベラジョンカジノの勝利金の所得区分

ベラジョンカジノを含む全てオンラインカジノから出金をして、日本の銀行口座に振り込まれたお金は全て一時所得に分類されます。これはecoPayzなどの電子決済サービスを利用して銀行に振り込まれた場合も同じです。

仮想通貨の場合はこれとは異なり、仮想通貨を売却(他の仮想通貨へ交換した場合も含む)した際に生じた利益が雑所得に区分されます。

一時所得とは何か

一時所得とは公営ギャンブルの払戻金や懸賞金、保険が満期になった際の払戻金、さらには拾ったお金などもここに区分されます。一般的には一時的な収入や臨時収入など、営利を目的とする継続的な行為から発生する以外の所得が一時所得となります。

雑所得とは何か

利子所得や配当所得、不動産所得など以外の所得が雑所得です。公的年金やアフィリエイト報酬、仮想通貨の売却益などが該当します。一時所得と似ていますが、こちらは営利を目的とした継続的な行為から発生しているという点が異なります。

控除分を超えた分が課税対象

一時所得には最高50万円の特別控除額があるので、獲得した勝利金からベットした金額と控除分を差し引き、プラスになったものが一時所得の金額となります。逆にマイナスとなる場合は申告の必要がありません。

総収入金額 – その収入を得るために支払った金額 – 特別控除額(上限50万円) = 一時所得の金額

また、全てが課税対象となるのではなく、一時所得の金額を半分にした金額に対して課税されます。これを他の所得と合算して所得税を計算します。

雑所得の場合は控除がない分もっとシンプルで、獲得した金額から経費を差し引いた分です。

総収入金額 – 必要経費 = 雑所得の金額

上記を他の所得と合算して所得税を計算します。

一時所得の計算シミュレーション

例えば、ルーレットのダズンベットに50万円をベットして3倍の配当、150万円が払い出されたとします。この場合、総収入は150万円、それを獲得するのに支払った金額が50万円です。

つまり、「150万 – 50万 – 50万(控除)」となるので、一時所得は50万円。この半分である25万円が課税所得となり、他の給与所得などと合算して税金が計算されます。

所得税の税率と控除金額は以下のとおりです。

課税される所得金額税率課税控除金額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円

仮にその他の所得が400万円あったとすると先程の25万と合わせて425万が総所得金額となります。なので、「(425万×20%) – 427,500 = 422,500円が納めるべき税金です。他にも税額控除や復興特別所得税などがあるので、正確にはもう少し変動しますが、ここでは割愛します。

また、今回は1回の勝利で150万という勝利金を得たことにしていますが、こういったケースは少ないです。基本的に勝ったり負けたりを繰り返して勝利金は増えていきます。本来であれば毎回のベット金額と勝利金を記録し、それらを合算して一時所得を計算するのが正しい算出方法です。

ベラジョンカジノから出金しなければ申告は必要ない?

ここまでベラジョンカジノから出金すると税金がかかると表現をしましたが、正確には間違いです。本来は前項で述べたように毎回の勝利金を計算し、特別控除分を差し引いてもプラスになるのであれば、カジノから出金しなくても申告はすべきです。

ただ、日本の国税も詳細を知ることは難しいので、銀行に入金されたという記録をベースに所得を計算します。なので、上述したように出金をした際に金額に応じて申告するというのが一般的になっています。

公営ギャンブルの勝利金を申告する人は少ない

上記の例はなにもオンラインカジノに限った話ではありません。本来は競馬やパチンコなどの公営ギャンブルも税金の申告が必要です。オンラインカジノは銀行送金が必要になるので必ず記録に残りますが、公営ギャンブルは現金でやり取りをするので記録に残りません。そのため、国税も詳細の把握が難しく、申告をしなくても捕まらない人が多いのです。

ただ、前述したように本来であれば毎回の支出と収入を記録し、必要に応じて申告をするのが正しい方法なので、覚えておきましょう。

ベラジョンカジノの勝利金に税金が課せられない方法はある?

多くの人がカジノで得た勝利金に税金がかからない方法を探します。しかし、日本の銀行へお金が流れた時点で把握されてしまうので、課税されない方法は存在しません。

ただ、日本の銀行へお金を流さない場合はどうなるのか解説していきます。

仮想通貨で送金する場合

ベラジョンカジノでは2021年8月時点では仮想通貨による出金ができませんが、以前は出来ていたので同じく仮想通貨による出金ができたと仮定します。

この場合、カジノから出金した時点では課税されませんが、仮想通貨を現金に交換したり、ビットコインからイーサリアムなど他の通貨に変えた際に、売却益が発生するとそれが雑所得となり課税の対象となります。

例えば、1ビットコインを500万円で購入し、カジノでベットして700万円まで増やした場合、利益となっている200万円が雑所得となるので、他の給与所得などと合算して税金がかかるのです。

電子決済サービスを利用する場合

電子決済サービスも基本的にお金の流れを把握されています。なので、日本の銀行へ振り込まなかったとしても、ベラジョンカジノから電子決済サービスのアカウントに資金が移動した時点で所得とみなされてしまいます。

日本国外で出金する

これはできる人が限られますが、日本国外に口座を持っていて、そこに出金をした場合はどうなるのかというケースです。この場合、日本と租税条約を交わしている80カ国の場合は国税が把握しています。

仮に租税条約を交わしていない国であったとしても、その国で納税の義務が生じる場合はやはり税金が発生します。なので、基本的に税金から逃れる方法はありません。

まとめ

ベラジョンカジノで得た勝利金は一時所得という扱いとなり、支出や控除を差し引いてもプラスになる場合は課税の対象となります。一時所得とは公営ギャンブルや宝くじの払戻金など臨時で発生する所得の区分です。

ベラジョンカジノから勝利金を出金しない場合でも、ベット金額と控除金額を差し引いてプラスになった分は申告が必要となります。ただ、日本の銀行に送金されない限り国税では詳細が把握しにくいので、基本的には送金したベースで申告をしている人が多いです。

カジノで得た勝利金は基本的にどのように出金したとしても一定の金額を超えていれば課税されるので、申告漏れのないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る